chứの使い方

Pocket

2.1.4
今回は、”chứ”の使い方について学んでいきます。
前回は、「AだけでなくBも」を表現する構文について勉強しました。

“chứ”はベトナム語の文末詞のひとつです。
相手に同意の確認、同意を求める時や、当然の気持ちを表現する時に使います。

... chứ? (相手に同意の確認や同意を求める)
... chứ. (当然の気持ちを表現)

例文をみてみましょう。

[1] A: Tôi mặc thử cái áo này được không?
[1] B: Dạ, được chứ.
[2] Hàng này có bảo hành chứ?

[1]のAの文

“thử”は動詞の前、もしくは、後につけて、「〜してみる」と試みを表します。

動詞 + thử
thử + 動詞

“mặc”は、「着る」という意味の動詞です。

[1]のBの文

[1]のAの文に対して、「もちろん(試着)できますよ」と当然の気持ちを表現するために、文末に”chứ”が使われています。

[2]

“Hàng”は「商品」という意味です。”bảo hành”は、「保証」という意味です。
“chứ”を文末に使うことによって、同意の確認や同意を求めるニュアンスが付加されます。従って、「この商品は保証がありますよね?」という意味になります。

例文の日本語訳

[1] A: この服を試着してもいいですか.
[1] B: はい。もちろんいいですよ。
[2] この商品は保証がありますよね?

今回のレッスンのポイント

1….chứ
... chứ? (相手に同意の確認や同意を求める)
... chứ. (当然の気持ちを表現)
1.〜してみる
動詞 + thử
thử + 動詞

■単語メモ

mặc:着る
thử:〜してみる
áo:服
dạ:はい
hàng:商品
có:持つ
bảo hành:保証

スポンサード リンク

Pocket