ベトナム語で「どれ、どの」を尋ねる疑問詞”nào”

Pocket

ベトナム語で「どれ、どの」を尋ねる疑問詞”nào”について解説します。
“nào”は疑問詞において、類別詞、もしくは名詞を修飾する形として使います。
また、”gì”と”nào”の違いは、”gì”は選択肢が限られていない一方で、選択肢が限られています。

例をみてみましょう。

A:類別詞+nào
Em muốn ăn món nào? あなたは何を食べたいですか?
Em muốn ăn (món) cà ri gà. 私は鶏肉カレーを食べたいです。
※類別詞とともに”nào”を使っています。

上記の会話例の場合、レストランでメニューを見ながら2人が話し合っている、あるいは、家で、食材を見ながらどの料理を作るか相談しているといった状況などが考えられます。
仮に、”Em muốn ăn món gì?”と質問する場合は、相手に、漠然と何が食べたいのか聞く場合です。

B:名詞を修飾する形
Tôi phải đi đường nào đến Nha Trang? 私はニャチャンに行くためにどの道を行けばいいですか?
※名詞を修飾する形で使っています。

上記の例の場合、道がいくつか分かれているため、どの道を行けばよいか聞いています。

▪︎単語メモ
muốn+動詞:〜したい
ăn:食べる
món:料理・食べ物に関する類別詞
cà ri gà:鶏肉カレー
cà ri:カレー
gà:鳥
phải+動詞:〜しなければならない
đi:行く
đường:道
đến:〜まで ※前置詞として使う場合は目的地を示す。動詞として使う場合は、「着く」という意味。
Nha Trang:ニャチャン ※ベトナム南部のリゾート都市。海がきれい。

スポンサード リンク

Pocket