ベトナム語を学ぶことについて

Pocket

私がベトナム語を学んで感じたこと、気づいたたことがつあります。

1.学ぶ姿勢

外国語を初めて学ぶとは、自分がその国で生まれた赤ちゃんになる

赤ちゃんが初めて”言葉”を学んでいく過程と、
初めて外国語を習得する過程は似ていると思います。
自分がベトナムで生まれた赤ちゃんだと思って、
ベトナム語を学ぶという感覚が大切だと思います。

em be on Chao Sai Gon

2.頭で翻訳しない

ベトナム語に限らず、外国語を話す・聞く際は、その言葉を頭の中で母国語に翻訳しない。

翻訳するのではなく、”音”とその言葉の意味を紐付かせることが大切だと思います。
言葉の意味を覚えるときは、翻訳しても、使う時は、翻訳しないことをおすすめします。
例えば、”nước”と聞けば、”水”と置き換えるのではなく、
下記画像のように、”水”を頭の中でイメージします。

nuoc on chao sai gon

3.やっぱし発音が大事

ベトナム語はなんといっても発音が大事です。

発音を間違えると、ベトナム人に全く通じません。
ベトナム人にとって、発音が違うと、全く別の単語に聞こえる、
あるいは、意味のない”音”に聞こえます。
発音は、発音するための口の動かし方、舌の使い方、筋肉の使い方があります。
それについては、私たちのYoutube動画に発音レッスン動画を上げているので参考に見て下さいね。
動画レッスンはコチラ

インプット・アウトプット

学んだこと(インプット)を使う機会で使う(アウトプット)。

留学中、午前は学校でベトナム語の授業を4時間受けました。
午後は、日系企業でインターンシップをしていたため、授業で学んだことを活かす機会がありました。
また、土日は、ベトナム人の友達とよく遊んでいたため、ベトナム語を使う機会が多かったです。
結果的に、インプットだけでなく、アウトプットする機会が多かったため、
学習速度が早まったと思います。

hoc on chao sai gon

スポンサード リンク

Pocket