ベトナム語の未来時制

Pocket

ベトナム語の未来の時制について解説します。
未来時制を表すためには以下の3通りがあります。

[1] sẽ+動詞
不確定の未来のことについていう場合に使う
→意思表示を表す

[2] sắp+動詞
確定した未来のことについていう場合に使う
→予定を表す

[3] 未来の時間を表す単語を使う
例) ngày mai(明日), tháng sau(来月), tuần sau(来週)

では例文をみてみましょう。

A : Em sắp đi du lịch Hội An. そろそろ、ホイアンに旅行に行くつもりです。
B : Vậy hả? Khi nào em đi du lịch? そうなの!? いつ旅行に行くの?
A : Ngày kia. Em sẽ mua quà cho anh! 明後日からです。 お土産を(買うことができたら…)買ってきますね。

最初のAさんの一文に、”sắp đi du lịch”とあります。旅行に行く「予定」があるため、”sắp”を使っています。
一方で、Bさんに対するAさんの返事の中で、”sẽ mua quà “とあります。お土産を買うという意思表示のため、”sẽ”を使っています。しかし、実際に買うかどうは別です。

また、ベトナム語は、未来の時間を表す単語を用いることで、未来の時制を表現することができます。

Ngày mai tôi phải đi làm sớm. 明日、私は早く仕事に行かなければいけない。
Ngày mai(明日)という単語が、未来の時間を明示しています。

▪︎単語メモ
đi:行く
du lịch:旅行する
Hội An:ホイアン ※ベトナム中部の世界遺産の街
vậy hả:ええ!? そうなの!? ※驚きを表す
ngày kia:明後日
mua:買う
quà:プレゼント、お土産
cho+人:〜のため
ngày mai:明日
phải+動詞:〜しなければいけない
đi làm:仕事に行く
sớm:早く

スポンサード リンク

Pocket