主語・人称代名詞

no image

 ベトナム語の人称代名詞(複数形)

ベトナム語の人称代名詞(複数形)について

 ベトナム語の人称代名詞の使い分けについて

ベトナム語は、相手との年齢や性別によって、人称代名詞を使い分けます使う判断基準を下記にまとめました。 ベトナム語 説明 con自分が相手の子供と同年代

no image

2種類の私たち(chúng tôi / chúng ta)の違い

ベトナム語で、「私たち」を表現する場合に、2種類ありますひとつは、"Chúng tôi"、もうひとつは、"Chúng ta"です。これら2つの違いは、聞き手を含むか含まないかです。Chúng

no image

2人称の代名詞が1人称の代名詞に?

ベトナム語の2人称は、年齢、性別など相手との関係性によって、単語を使い分けます例えば、相手が自分より年上の男性であれば、"Anh"、年上の女性であれば、"Chị"、年下(性別問わず)であれば、"Em"を使います。ですが、ベトナム人同士の会話に耳を傾けてみると、ベトナム人が、"Anh"や"Chị"などの2人称の代名詞で自分自身のことを表現している

no image

知らないと損する”Tôi”の使い方

ベトナム語を習い始めた時、一人称の「私」を表現する場合、 "Tôi" を使うように教えれることが多いと思います。しかし、実生活において「私」を表現する場合、ベトナム人が"Tôi"を使うことはめったにありません。"Tôi"は、フォーマルな表現のため、親しい間柄や日常生活で使う機会が少ないからです。例えば、スピーチや、フォーマルな場で自己紹介する時は、"Tôi